私の家はずっと貧乏だった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私の実家は貧乏です。そんな貧乏な家で私は育ちました。もともと父親が事業をしていましたが、倒産してしまい、夜逃げをした経験があるのです。まだ私は小さかったけど、なんとなく恐い思いをしたことは覚えています。

でも、両親はお金に困っていましたが、私のことをとても大事に育ててくれたように思っています。今でもそれは感謝しています。貧乏だけど、食事などは食べたいものはなんでも食べさせてくれました。買ってほしいものがあれば、無理をしてでも買ってくれました。

でも、そんなお金は借金をしていたみたいです。それは大きくなってから知りました。

私は、高校を出てからその親のかかえた借金を一緒に返すことになったときにその事実をしりました。でも両親のことを守るのは自分しかいないと思い、少しでも早く返そうと一生懸命に仕事をしました。夜もバイトに行って借金を返しました。

でも、両親はまだまだ借金を増やしていました。私が返しても追いつかないくらいに・・。時には30日無金利なども使ってました。そして、私は借金を返すことをやめてしまいました。

家も出て一人で暮らしました。親の借金で借金をつぶされそうで逃げました。それから両親は自己破産していました。仲が良かった両親にはそれからあっていません。

夫婦二人だが生活が限界だ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

折からの不景気で、去年から給料減に合いましたので、お金の事ならもう毎月困りっぱなしのウチの家庭です。特に今の時期は、年末に色々とお金の要る事が多く出費がかさんだので、今になって最悪の状態です。

会社で毎月給料は貰っていても、色々なローンや支払いなどに殆ど飛んでしまう状態ですので、新年になって水道代や息子の給食代、またテレビの受信料などの未払い通知が、次々と舞い込んできました。

妻のパートの収入と、私の本業以外にやっているネット副業の報酬でその一部を支払ったのですが、まだ残っている未払いの分が多少あります。

今は給料前でお金は全然ない状態なのですが、幸い来月は児童手当の出る月です。しかし10日にならないと入金されないので、それまでに

引き落とされる分が、また未払いで通知が来そうです。児童手当の範囲で賄える金額なのですぐに振り込めば問題はないのですが、でもあまり良い気分ではありません。

出来ればもっともっと副業の収入増やしていけるといいのですが、本業やりながらの、限られた時間の作業ですので、あまり稼ぐ事は出来ません。

毎月赤字状態で、貯金を切り崩して今までなんとかやっていましたが、それももう限界が近づいています。夫婦2人で、これからの生活方法を今検討中です。たとえ少しでも良い方向に向くように。

忘れられない残念な給料日とは・・・

私には、今でも忘れられない残念な給料日があります...。毎回のように給料日前には金欠な私でしたので、給料日が来た日には「バンザーイ??給料日だぁ??」という気持ちでした??

ところが...その給料日の日に事件が起きました...。私の勤めている所では、お給料は手渡しだったので、直接、お給料もらい、その日は買い物をして行く事にしました。行きつけのスーパーの駐車場に車を止めて、もらったばかりの給料袋から1万円だけ取り出してお店の中に入りました。

お給料が入った日だったので、いつもよりも夕食を豪華にしようと思い、ルンルン気分で買い物を済ませました。車に戻り、せっかく給料が入ったのだから、勿体無くて普段は滅多に買わないコスメ品でも買おうかと思い、近くのドラックストアに寄る事にしました。

実は、その時のお給料日は、いつもの月よりも日数を多く出勤したので、毎月よりも給料がが多く貰えました??なので自分へのご褒美のつもりでドラックストアによるつもりでした。ドラックストアに着いたので、給料袋から1万円を取り出そうと、グローブボックスを開けて中を見ると、そこに入っているはずの給料袋が見当たりません...??

落ち着いてしっかり探してみたのですが、やっぱりありませんでした...。私の性格は、大雑把なので、たまに車に鍵をしないで買い物に出てしまう事も、よくありました...。私が車の中で給料袋から、お金を取り出す所を見た誰かに取られたのかもしれません...。

せっかくのお給料は無くなってしまうし、私はやりくりが苦手な為、ろくに貯金もなかったので、大変でした。とは、言っても不用心に車に鍵をしなかった自分責任なので、反省しました??

その日からは次のお給料までの1ヶ月間は、味噌汁にご飯を入れて煮込んだ「おじや」などで生活を凌ぎました。もう、あんなに悔しい思いはしたくないので、戸締りはしっかりします??万が一の貯金もしっかりしようと思います??

キャッシングの審査が通らなかった

自営業を始めた時に、売り上げが良くないので銀行にキャッシング申込みをしましたが、審査に通らなかったです。

個人事業主は貸す側としてもリスクがあるので審査が通り難い傾向にあります、申込み当時は非常に不安定な収入でしたから仕方ない部分があります。

銀行は審査基準が厳しいので、消費者金融に申込みに行きましたらアッサリと審査に通してくれました、消費者金融は審査基準が緩めに設定さえているので自営の方でも通りやすいです。

事業資金が用途の融資は受け付けてくれない場合が殆どですが、私の場合はちょっとした生活費の負担の為に利用していました。

審査申込み自体はパソコンからでも行う事が出来ますし、一回も店舗に行かなくても審査、振り込み、返済と出来るようになっているので非常に便利です。

最近では安定してきたのであまり消費者金融を利用する事は無いですが、それでも急な出費でお金に困った時は助けてもらう事もあります。

銀行の審査に通るようになった今でも、当時使った消費者金融のカードを持っており、ちょっとした借入ですぐに完済出来る見通しのモノは消費者金融を利用する事が多いです。

流石にまとまった金額の場合は利息負担が大きくなるので銀行活用しますが、お金に困った時にキャッシングやローンを使えるのは有難いです。

漫画に金をつぎこんで

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

わたしは昔から漫画が好きで、しょっちゅう本屋さんへ行ってはその場であっという間にお小遣いをつぎこんでしまうような子どもでした。

いわゆる「作家買い」をするタイプで、好き!この人の漫画が読みたい!となってしまったら、とにかく我慢ができない。

田舎で生まれ育ち、当時は今のようにレンタルコミックも普及していませんでしたから、読む方法といえば友人から借りるか、自分で買うかしかなかったのです。

それでも、漫画で済んでいるうちはまだよかった。
問題はアニメや、OVA系。
それにCD。

これも時代ですが、当時はビデオテープくらいしかなく、レンタル屋さんは一応あるにはあったのですが、置いてある種類が少なく、料金だって今よりずっと高価でした。

それに、自分自身の「手に入れたい」欲求も強かったので...。月にいくらもらえる、お小遣い制度ではなかったので、資金源はもっぱらお年玉。

たまに夏休みなどの長期休暇で行った先、母方の実家などでもらえた時は嬉しかったですね。

しかも、わたしを可愛がってくれた伯母さんは二言目には「漫画なんて」という母と違い、「これで本を買いなさい」と言ってくれたので、特別でした。

まあ伯母も「漫画」とはあえて言わなかったんですけど。笑

今思うと、当時狭い世界しか知らなかったのが救いで、例えばネットのある今の情報量だと欲しい物が際限なく出てきて大変だったかもしれません。